ツアーの準備  
     
  夏バージョン
6月~10月

スコール対策として雨具。

足元はビーチサンダルが良い。
 
     
  冬バージョン
11月~5月

ウインドブレーカー、
あるいは雨具着用です。

ひざ下は濡れても
上半身は暖かく。
・・が基本です。
 
     
  ウインドブレーカー、
雨具の下は
速乾性の高い半袖や長袖を着ています。
 
 
 
   各自準備しておくもの  
  水着、速乾性の高い半袖や長袖
 (ラッシュガードなど)。
 帽子、ビーチサンダル
 
※クロックスは海では使いづらく、
 鼻緒のあるタイプのものが良い。

雨具、あるいはウインドブレーカー
 季節を問わず必要。風を防ぎ、撥水
 するもの。

バスタオル
 (泳いだ後に。日よけとしても重宝
 します。大きいものほど良い。)

飲み物 夏は1L~、冬は500ml程度。
 ※お弁当はこちらで用意しています。

【衣類選びのポイント】
なるべく速乾性のもの(化学繊維)を選びましょう。
綿製品(Tシャツ)は保水するので、注意が必要です。
濡れたまま着ていると体がどんどん冷えます。
雨具やウインドブレーカーは外気との接触を断ち、体温が奪われることを防いでくれます。
季節を問わず、あれば必ず重宝する時があります。
 
 
 
 
  【日焼け対策について】   
  シーカヤックという船は屋根がないため、常に日射しにさらされている状態。
というわけで、対策は万全にしましょう。

小笠原の気温は内地より低い(せいぜい32℃位まで)です。
しかし、日射しは超強力。いきなり焼きすぎると痛い目にあいます。

そこで・・ラッシュガードは日焼けに対して
とても有効です。長袖ならなお良し。

最近多くの女性がトレンカ?レギンス?スパッツ?などを着用して、足首まで日焼けに対処しています。
ハッキリ言って非常に良い方法。とくにおススメ。


日焼け止めはあまり役に立たないです。
漕いでいる間に汗で流れ、塗ったつもりが落ちている状態に。
何度も何度も塗りなおすくらいなら衣類でカバーするほうが賢い選択です。
 
 
 
 
  あると良いもの   
  サングラス(目も日焼けするし、
 疲労軽減に◎)。
自分のシュノーケリングの道具
 (お持ちでない方には無料でレンタル
 しています。)

 その他防水カメラや釣り道具などもO.K.
 
   
  防水バックをお貸しします。↑
濡れてもよいもの、困るものを分けてカヤックに積み込みます。
 
   up  
     
  トップページへ戻る